×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ササクレヒトヨタケ 料理にも使える変なきのこ

キノコマニアでも何でもありませんが、
山を歩いていると、デカイ変なきのこを発見しました。
あとで調べてみると、「ササクレヒトヨタケ」 というらしい。
毒キノコかどうか知らなかったが、取りあえず触ってみる。
(良い子のみんなは真似しないでね)

触ってみてビックリ!傘が動く!


世の中にはこれを料理できる猛者もいるようだ
ササクレヒトヨタケとほうれん草のソテー
きのこ料理(ササクレヒトヨタケ)と巨大きのこ

へぇ〜、そんなに美味しいのか〜
採って食べてみたいけど、全くのきのこの素人なのできのこ採りは止めておこう

この動画のものより、もっと小さい時が食べごろらしい

「ササクレヒトヨタケ」の名前の由来は、
成熟が進むと、一晩で溶けてしまうことから付けられたようだ

wikipedia より
「成熟に伴ってかさの縁から次第にピンク色を経て灰紫色となり、
さらに黒変し、かさの肉とともに最後には黒インク状に液化・溶解して消え去る。
この液化は腐敗によるものではなく、ササクレヒトヨタケ自身が
産生する酵素の働きによる自家消化である。」

ササクレヒトヨタケを採ってみた
黒いインク状のものが手にべったりついた^^;



チン●ラ、うさぎなどの愉快なブログもよろしく

適当な手記 に戻る